トップ / 過食症という摂食障害

健康ツボの情報

過食症という摂食障害の怖さ 

厚生労働省では難病と指定されている過食症、拒食症は、摂食障害という病気です。まず拒食症は、もっと痩せたいという思いから気付いた時には食べられなくなっている、食べ物を吐き出してしまって痩せすぎてしまう状態です。一方で過度に食べ過ぎてしまって自己嫌悪になって嘔吐や薬物などによる代償行為をしてしまうのが過食症です。ちょっとしたダイエットやストレスがきっかけで発症し、治療には長い時間がかかってしまう死亡率が高い病気です。他の精神疾患などが発症してしまう前に、治療をする必要があります。

お勧めの精神科について 

お勧めの精神科を紹介します。私がおすすめする病院は成人の発達障害全般を診断、診療している数少ない病院になります。発達障害は認知されてから日が浅く、子供の診療が出来ても大人の診療が出来るドクターが少ないのが現状です。こちらのクリニックでは、二十歳以上を対象とした発達障害の薬の治療やデイケアなど力を入れてます。成人の発達障害を診察してくれる病院は少ないので遠方から来る方も多いです。精神科でお勧めの病院について紹介しました。

© Copyright 簡単に始められる健康習慣. All rights reserved.